薬剤師 ハローワーク

薬剤師の方が転職先を探すのにハローワークはおすすめしません。絶対に止めた方がいいです。無料で利用できる薬剤師転職サイトで探せば、希望に合った好条件の求人を見つけられます。ハローワークのデメリット、薬剤師転職サイトのメリットを詳しく解説します。

薬剤師転職サイトの定番と言えば薬キャリ!

↓↓↓↓↓

薬剤師転職の王道!薬キャリ


薬剤師転職サイトとハローワーク

転職サイトとハローワークを比較して、メリットやデメリットをご紹介します。

 

薬剤師の転職については、この2つがよく使われているからです。

 

薬剤師転職サイトとは?

薬剤師転職サイトは、薬剤師求人サイトとも言います。

 

大手・中小など、いろいろな転職支援会社がインターネット上で運営しています。

 

転職支援会社は、自社が保有するする求人情報を登録した求職者に提供して、人材を募集している求人側とのマッチングを行います。

 

マッチングが成功すれば、転職支援会社は求人側から手数料を受け取ります。

 

求職者は、サイトの登録も利用も無料です。

 

薬剤師は資格の要る専門職なので、薬剤師専門の転職サイトもたくさんあります。

 

もちろん一般の転職サイトにも薬剤師の募集は載っていますが、薬剤師専門の転職サイトの方が、良い条件の案件がたくさん揃っています。

 

転職サイトはハローワークと違って民間企業が運営していること、専門的な職業や業界に特化したサイトがあること、ハローワークよりも求人情報が豊富にあること、などが特徴です。

 

薬剤師の転職におけるハローワーク

ハローワークは「公共職業安定所」の通称です。

 

国が運営する公共の職業仲介所です。

 

仕事を探している人と、従業員を探している会社などを仲介する行政機関です。

 

公的機関なので、転職や就職の支援だけでなく、失業保険の給付なども行なっています。

 

ハローワークは普通の会社員を募集しているイメージがありますが、薬剤師や看護師などの専門職、またパートなどの求人もあります。

 

求職者だけでなく、求人側も無料で利用できるので、ハローワークを利用している求人側もたくさんあります。

 

しかし最近は無料であることを悪用したブラック企業の求人も多く、問題になっています。

 

次に、ハローワークのメリットとデメリットを説明します。

 

薬剤師転職サイトとハローワークの比較

転職サイトは民間企業で、ハローワークは国の行政機関だというのが一番大きな違いです。

 

転職サイトは情報提供や求職者の転職支援で利益を得ています。

 

ハローワークは公的機関なので利益を追求する必要はありません。

 

そのため、転職サイトはいろいろ親身にサポートしてくれますが、ハローワークでは多少お役所仕事とも言える対応を受けることがあります。

 

転職サイトでは求職者側は無料ですが、求人側からは手数料を受け取ります。

 

ハローワークは求職者側も求人側も無料で利用できます。

 

薬剤師転職サイトのメリット・デメリット

薬剤師転職サイトのメリット

転職するときは、自分これからのキャリアプランを考えて、自分の希望するキャリアを形成できるような転職にしたいものです。

 

そのためにも、自分の適性やこれまでのキャリアから、転職に関する戦略を立てましょう。

 

そのためには転職サイトのアドバイスやノウハウが役に立ちます。

 

薬剤師専門の転職サイトは、薬剤師に特化しているので、かなり専門的に仕事を探すことができます。

 

そして最新の業界情報や求人情報を詳しく知ることができます。

 

条件と収入の関係、職場環境などいろいろな情報があります。

 

紹介される案件にも、正社員、派遣、アルバイト、パートなど、いろいろな就業形態があります。

 

転職サイトなら、たくさんの求人情報から自分の希望や条件に合う案件だけを調べて応募できます。

 

転職サイトを使わずに自分で転職活動をする場合、1人で求人している施設や薬局、病院、ドラッグストアなどを調べ、履歴書を書き、面接の予約をして、とかなりの手間がかかります。

 

すぐに転職できればいいですが、何度も不合格になれば、同じ手順を何度も繰り返す必要があり、少なくない手間や時間やお金が無駄になってしまいます。

 

しかし転職サイトに登録すれば、そういう手間は転職サイト側がやってくれるので、自分は面接などに集中して、実力を発揮することができます。

 

また、転職活動は順調なだけではありません。

 

誰でも、孤独を感じたり、不安になったりします。

 

特に、すでに前職を退職している場合は、このまま仕事が見つからなかったらどうしようと不安になったりするものです。

 

しかし転職サイトのキャリアコンサルタントは薬剤師の転職専門なので、業界の事情や仕事内容にも詳しく、いろいろな相談にのってくれます。

 

サイトによっては研修制度やセミナー、薬剤師同士の情報交換などもできます。

 

そこで転職に必要な情報を知ったり、履歴書、職務経歴書、面接のコツを研究できます。

 

転職サイトを使いこなすと、転職をスピーディに、かつ効率的に行えます。

 

一口に転職サイトと言っても、それぞれに特徴があります。

 

コンサルタントのサポートが親切、転職後のアフターケアがある、案件の数が多い、好条件の案件が多い、非公開求人が多い、最新の案件が多いなど、いろいろです。

 

それぞれの転職サイトの特徴をつかんで、そのメリットを活かしながら転職活動を進めて、自分に合った転職先を見つけましょう。

 

非公開求人とは?

一般に公開されている求人は、広告や情報誌、ネットなどで誰でも見ることができます。

 

非公開求人とは、公開求人とは違って、一般には公開されていない求人情報です。

 

非公開求人はたいてい、公開されている求人よりはいい待遇で募集しています。

 

非公開求人を見るには、非公開求人の情報を保有している転職サイトに登録するしかありません。

 

なかなか自分の希望に合う求人情報が見つからないときは、一度転職サイトに登録してみましょう。

 

自分に合う非公開求人があるかもしれません。

 

非公開求人情報は、なぜ公開しないのでしょうか?理由はいくつかあります。

 

一番は「待遇がいい案件なので、公開して応募が殺到すると困る」ということです。

 

1人しか募集しないのに、100人以上の応募があっても、時間を取られて困りますし、本来の仕事に差し支えます。

 

また、転職サイトが応募者を選抜し、一定以上のレベルの応募者だけが面接に来るようにしてもらえます。

 

他にも、社外にあまり漏らしたくない新規プロジェクトのための人材を募集したいので公開できないという場合もあります。

 

薬剤師転職サイトのデメリット

薬剤師転職サイトがおすすめと言っても、どこにでも登録すればいいというわけではありません。

 

求人情報が少ないサイトを選ぶと、時間をかけても自分に合った案件が出てこないかもしれないというデメリットがあります。

 

このデメリットを解消するには、他の転職サイトにも登録します。

 

大手で業界や職種に特化した転職サイトをいくつか選んで登録すれば、希望条件に合った案件がたくさん見つかります。

 

しかし大手の転職サイトは情報が多すぎて目移りするというデメリットがあります。

 

このデメリットを解消するには、自分の希望や条件をしっかりとコンサルタントに伝え、積極的にコンサルタントと話をすることです。

 

そうすると、自分に合った案件が見つかりやすくなります。

 

ハローワークのメリット・デメリット

ハローワークのメリット

ハローワークには、「ハローワークのみの求人がある」というメリットがあります。

 

特に、地方の中小企業はハローワークで求人募集を行う傾向があります。

 

逆に、都市部の大手企業は転職サイトで求人募集を出す事が多いです。

 

ハローワークは転職サイトとは違って、紹介された求職者を採用しても手数料が取られることがないので、ハローワークでだけ求人募集を行う企業もあります。

 

また、ハローワークには「比較的採用されやすい」というメリットもあります。

 

これも、ハローワークは手数料がかからないことが大きな理由です。

 

ハローワークから紹介された求職者と転職サイトから紹介された求職者が同レベルだとすれば、企業は手数料のかからないハローワークからの人材を雇用することが多いからです。

 

ハローワークのデメリット

薬剤師の転職にとって、ハローワークを使うことは次のようなデメリットがあります。

 

ハローワークに探しに行くことはない

ハローワークには、たくさんの求人情報が集まっています。

 

しかし転職サイトに比べて薬剤師の利用者は少ないです。

 

薬剤師業界は人手不足なので、資格保持者はわざわざ大げさな転職活動をしなくても、すぐに転職・就職先が見つかるからです。

 

そのため、ハローワークまで行って転職先を探す薬剤師はほとんどいません。

 

すると求人側でも、ハローワークでの求人にあまり期待をしなくなります。

 

ハローワークには、一応、形だけの求人情報を出している程度のところが多いです。

 

職場の細かな情報までは把握していない

前の職場を辞めたい理由が「職場の雰囲気」や「人間関係」だとしたら、転職先の雰囲気や人間関係も気になるはず。

 

でもハローワークには、そんな情報はありません。

 

転職先について詳しく知らないまま転職しても、同じ理由でまたすぐに辞めることになるかもしれません。

 

ハローワークにはたくさんの求人情報がありますが、給与や休日などの基本的な情報しか掲載されていないことが多く、それさえも正確でない時もあります。

 

労働条件の交渉はできない

ハローワークでは、労働条件の交渉まではしてくれません。

 

自分で交渉できる人なら良いですが、そうではない人が多いはずです。

 

ハローワークはあくまで案件を紹介し、求人側に連絡をして面接の予約をしてくれるだけです。

 

人手不足の業界ですし、ハローワークからの紹介ならほぼ採用されます。

 

ハローワークの仕事はそこで終わりです。

 

しかし薬剤師専門の転職サイトなら、労働条件の交渉も代わりに行ってくれるところが多いです。

 

それで少しでも給与がアップしたり、残業時間が減ったり、休日が増えたりするので、転職サイトの方が求職者には親切です。

 

薬剤師の転職に詳しくない

ハローワークは薬剤師に限らず、いろいろな種類の案件を幅広く扱っています。

 

しかし、薬剤師のような専門職の仕事を深く知ってはいません。

 

あくまで案件に載っている労働条件だけを元にして話が進められます。

 

そのため、薬剤師の業務内容やキャリアプランについて、ハローワークの職員に相談することはできません。

 

利用時間が短い

退職前から転職先を探している人は、平日の昼間はあまり転職活動に使えません。

 

ハローワークは国が運営している行政機関なので、役所と同じように平日の昼間しか開いていません。

 

最近はハローワークでもネットで案件を見ることができますが、紹介してもらうには、最寄りのハローワークまで足を運ばなくてはなりません。

 

どうしても求職者には都合が悪くなります。

 

ハローワークからの求職者は低く見られている

最近では転職サイトの利用者が増え、ハローワークの利用者が減っていますが、コストの面から、ハローワークでのみ求人を行わない企業もあります。

 

その中には、いわゆるブラック企業もたくさんあります。

 

ハローワークは、ブラック企業の「求人にコストをかけたくない」という希望に合うのです。

 

結果として、ハローワークから紹介された人材の離職率が上がるのです。

 

ブラック企業ではないにしても、ハローワークでしか求人を行わない企業は、人件費に費用をかけない方針の会社が多いのです。

薬剤師転職サイトのおすすめランキング

ここでは、薬剤師に方に自信を持っておすすめできる、薬剤師転職サイトのランキング上位5社をご紹介します。

 

コンサルタントと相性が合わない可能性、より多くの求人を比較することを考えて、少なくとも2〜3社に登録して利用するのが一般的のようです。

 

求人元の企業や病院による手数料によって運営されているので、薬剤師の方には一切お金がかかりませんので、ご安心ください。

 

ここにキャッチコピ1行目
ここにキャッチコピ2行目
ここにキャッチコピ3行目

■宝島の大■

利用料 完全無料(成約料等も無し)
評価 評価5

薬キャリ

「薬キャリ」は、医師や薬剤師がよく利用している「m3.com」と同じ会社が運営している薬剤師専門の転職サイトです。

 

10万人以上の薬剤師が登録しています。

 

保有する求人数は40,000件以上と同じ種類のサイトの中ではNo.1で、町の小さな薬局から大きな病院、企業まで幅広い求人があります。

 

特に地方での求人が他の転職サイトに比べて充実しているので、首都圏や関西圏など大都市以外の方に役に立つサイトです。

 

対応は素早く、希望の条件を伝えれば、即日で10件の求人紹介があることも。

 

さらに正社員・契約社員・派遣社員・パート・アルバイトなど、いろいろな勤務形態に対応していて、女性にも嬉しいサイトです。

 

一番の特徴は、高収入な求人に強く、地方でも年収が500万以上の求人が多いことです。

 

会員登録すると、薬剤師として役に立つ医療ニュースの無料配信があるのも魅力です。

 

たとえば、2016年度の診療報酬改定で、同じ薬局を複数回利用した場合はお薬手帳の窓口負担額を引き下げるなど、薬剤師ならば知っておくべきニュースや業界の情報をいち早く入手できます。

 

薬キャリの口コミ

サイト選びも迷いましたが、「薬キャリ」に決めました。

 

転職にも成功したし、お給料もアップしたので、おおむね満足しています。

 

前の職場は公立病院だったので安定していましたが、お給料の伸びは期待できませんでした。

 

思い切って転職して良かったです。

 

もちろん職場はお給料以外の部分も大事ですが、「薬キャリ」さんは職場環境の事前調査をしっかりしていて、いろいろ教えてくれました。

 

面接の対策なども役に立ちました。

「薬キャリ」は迅速さが一番の魅力です。

 

人気の案件は早いもの勝ちですし、情報は早い方がいいと考えているので。

 

とくに条件のよい案件には、早く行動するのが成功のコツだと思います。

 

「薬キャリ」では、電話での連絡や面接が主なので、案件紹介までの時間が短縮できて、スピード転職も可能です。

 

私も希望の条件を伝えたらすぐに仕事の紹介がきたので、イライラして待つこともありませんでした。

 

ここにキャッチコピ1行目
ここにキャッチコピ2行目
ここにキャッチコピ3行目

■宝島の大■

利用料 完全無料(成約料等も無し)
評価 評価4.5

ファルマスタッフ

大手薬局グループ「日本調剤」による運営です。

 

薬剤師転職業界の老舗であり、正社員・パート・派遣社員・紹介予定派遣などすべての雇用形態に対応しています。

 

配下に多数の薬局があることから、レベルの高い充実の教育システムを完備しているのが特長です(だから、ブランクのある方、ママ薬剤師で復職を目指す方にも最適です)。

 

求人数も6万8千件保有しており、これは業界トップクラスです。

 

ファルマスタッフはコーディネーターが全国で80人くらいます。

 

マスコミなどで有名な会社でもコーディネーターは数十人程度という会社が多いですが、80人はかなり多いです。

 

また、地方案件をかなり持っていることも特長です。

 

ですから、大都市以外の地方市町村で仕事を探される方には特にオススメです。

 

派遣薬剤師の方の教育にも力を入れてるのでブランクのある方にもオススメの会社です。

 

ファルマスタッフの口コミ

今回は派遣での仕事を探していたので、決まるまでも早かったのですが、次に正社員で仕事を探すときも「ファルマスタッフ」を利用すると思います。

 

薬剤師の転職サイトはたくさんあって迷いましたが、「ファルマスタッフ」は、信頼度も高く実績もあるということで、登録してみました。

 

サイトの内容も充実しています。

 

相談会などもよく行なわれていて、転職活動中は不安になりがちな求職者をしっかりサポートしてくれます。

 

薬剤師として就職して2年経つので、そろそろ転職しようか、もう少し様子を見ようか迷っていたのですが、「ファルマスタッフ」のコンサルタントさんに背中を押されて、自分に自信をもって転職してみようという気持ちになりました。

 

新しい職場は不安ですが、それ以上に期待もあります。

 

「ファルマスタッフ」は公開求人数が比較的多く、求人内容もかなりバラエティに豊んでいるので、自分の希望に合う案件が見つけやすいかもと思って選びました。

 

ここにキャッチコピ1行目
ここにキャッチコピ2行目
ここにキャッチコピ3行目

■宝島の大■

利用料 完全無料(成約料等も無し)
評価 評価4.5

薬剤師転職ドットコム

「薬剤師転職ドットコム」は日本全国で10,000人以上の薬剤師が登録しており、全国から35,000件以上の求人がある人気の薬剤師転職サイトです。

 

全体の2/3が登録しないと見られない非公開求人なので、登録をおすすめします。

 

「薬剤師転職ドットコム」は、アインファーマシーズのグループ会社、メディウェルが運営する薬剤師専門の転職サイトです。

 

アインファーマシーズは調剤薬局事業で全国第1位の東証一部上場企業で、そこから「薬剤師転職ドットコム」も調剤薬局・病院求人に強いです。

 

求人案件はただ条件を掲載するだけでなく、実際に同僚となる薬剤師に職場の雰囲気や休暇取得状況などをリサーチして、条件欄には表れない情報を伝えてくれます。

 

また求職者の希望に合った求人の紹介だけでなく、履歴書作成や事前の模擬面接などのアドバイスをしたり、面接へ同行して求職者をアピールしたり、さらに給与などの条件を交渉したり、転職活動全体をきめ細かくサポートしてくれます。

 

とくに事前の模擬面接では、面接時に聞かれるポイントや答えるべきポイントを教えてくれるので、競争率が高い人気の求人でも安心して面接に臨めます。

 

転職活動が初めてでよくわからない、転職活動に自信がなくて不安という方も安心です。

 

登録すると、実際に働いている薬剤師のインタビューが載っている「薬剤師のための受かる面接マニュアル」やAmazonギフト券3,000円などの特典もあります。

 

薬剤師転職ドットコムの口コミ

転職には、まず安心できる転職サイト探しが不可欠です。

 

登録しても連絡が来なかったり、ときどきしか連絡がないサイトもありますが、「薬剤師転職ドットコム」は、担当のキャリアコンサルタントの方が、転職先が決まるまできちんとサポートしてくれました。

 

私も今度は転職に成功できそうです。

他の職場の薬剤師の仕事の状況や収入を調べるのに「薬剤師転職ドットコム」を使っています。

 

今の職場にもそれなりに満足していて、まだ転職の予定はないのですが、高い時給や自宅から通いやすい案件を見つけると、興味がわきます。

 

今は子供が小さいので、口コミで見つけた近所の調剤薬局にパートで勤めています。

 

子供がもっと大きくなったら、「薬剤師転職ドットコム」に登録して、もっといい条件の仕事を積極的に探したいです。

 

 

ここにキャッチコピ1行目
ここにキャッチコピ2行目
ここにキャッチコピ3行目

■宝島の大■

利用料 完全無料(成約料等も無し)
評価 評価4

リクナビ薬剤師

「リクナビ薬剤師」は、就職・転職で有名なリクルート社が運営している転職サイト「リクナビ」から分かれた薬剤師専門の転職サイトです。

 

一番の売りは、やはりリクルートグループが持つ大手企業との太いパイプです。

 

大手なら絶対に安心!と言うわけではありませんが、やはり安定感は魅力です。

 

もちろん求人件数も38,000件以上と多く、非公開求人が75%もあります。

 

さらに正社員だけでなく、パートやアルバイトの求人もたくさんあり、処方箋化など、細かい条件で絞って検索できます。

 

サイトへの登録は60秒で完了します。

 

登録から内定までは最短3日という記録もある素早い対応で、求職者が決心したらすぐに転職活動を始められるようにサポートしてくれます。

 

大手からの求人が多いので、年収600万円以上など高待遇の求人案件も多く、収入アップや安定したキャリアを求める方にもおすすめです。

 

20代でMRから調剤薬局に転職し、キャリアチェンジと同時に年収も100万アップさせた事例もあります。

リクナビ薬剤師の口コミ

「リクナビ薬剤師」で転職しました。

 

いまのところ順調です。

 

前の職場では職場環境でいろいろ悩んで転職を決意しました。

 

また同じことで悩むのは嫌で、気楽な派遣やアルバイトでの勤務を考えていたのですが、コンサルタントさんがバックアップを約束してくれたので、正社員で転職しました。

 

「リクナビ薬剤師」では就業先の事前調査をしっかりしているので、職場環境が気になる私には心強いサポートでした。

ちょうど今「リクナビ薬剤師」で仕事を探しています。

 

「リクナビ薬剤師」は大手が運営していて情報網も広いので、他よりいい求人案件があるかもと思って登録しました。

 

ほとんどが非公開案件ですが、なかなかいい条件のものが揃っていて、期待できそうです。

 

いろいろ細かい条件を見たり、なかなか他では検索しても出ないような条件でも案件が見つかります。

 

転職のノウハウやコツもいろいろ教えてくれて助かります。

ここにキャッチコピ1行目
ここにキャッチコピ2行目
ここにキャッチコピ3行目

■宝島の大■

利用料 完全無料(成約料等も無し)
評価 評価4

マイナビ薬剤師

「マイナビ薬剤師」は求人案件数がすごい。

 

保有する案件数は公開案件だけで41,000件以上もあります。

 

さらに非公開求人もあるので、案件数業界No.1の薬剤師転職サイトです。

 

調剤薬局や病院、ドラッグストアなど普通の職場だけでなく、他のサイトにはあまりないけれど人気の急性期病院や企業からの求人、CRC(治験コーディネーター)、CRA(臨床開発モニター)、DI(学術薬剤師)やQA、QC、DM、統計解析などの臨床開発、更にMRやMSなどの営業職など、薬剤師が勤める多種多様な求人があります。

 

しかも、サイトでは毎日「都道府県別・本日の人気求人ランキング」が更新されます。

 

「マイナビ薬剤師」はキャリアコンサルタントの質にも定評があり、サポート内容も他の転職サイトより豊富で充実しています。

 

面接日や見学の日程調整を行ってくれるのはもちろん、面接に同行して求職者の得意なことをアピールしたり、事前に提出する書類の添削や面接対策などのアドバイスで、内定率がぐっと上がります。

 

万が一内定を辞退するときも、キャリアコンサルタントが代わりに連絡してくれます。

 

これは他のサイトにはないサポートで、おかげで、利用者満足度もNo.1です。

 

キャリアコンサルタント一人ひとりについての口コミも公開されていて、求職者はそれを見て信頼できる人を選べます。

 

「マイナビ薬剤師」は全国に相談所があるので、面談などにも便利です。

 

登録すると「薬剤師転職サポートBOOK」が特典としてプレゼントされます。

マイナビ薬剤師の口コミ

薬剤師の仕事もこれからはなかなか厳しいので、普段からスキルアップして、いつでも転職できるようにしておこうと準備もしています。

 

今の職場は「マイナビ薬剤師」で紹介されました。

 

年収も上がりましたし、お客さんに対応するスキルも上がったので、なかなか成功した転職だったと満足しています。

 

「マイナビ薬剤師」に登録すると、すぐに前職の経験を活かした職場を紹介してくれて、かなりスピーディーに話がすすみ、転職できました。

「マイナビ薬剤師」は転職サイトの中でも利用者が多いので、自分も一応登録してみました。

 

紹介される案件もいいですし、問い合わせへの対応や、資料請求などの対応も素早いので気に入ってます。

 

求人情報はこまめにチェックして、いい案件がきたらすぐに応募するのがコツですね。

 

じっくり転職先を探してみたいので、それほど焦っていませんが、満足する転職のために情報を仕入れるにもいいと思います。